本文へスキップ

ごあいさつ

CEO

このたび、2016年10月28日(金)、29日(土)の2日間、ウェスティン都ホテル京都にて ISMICS 2016 Winter Workshopを開催する運びとなりました。

ISMICS(International Society of Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery,国際低侵襲胸部心臓外科学会)は従来の負担の強い心臓血管外科手術や胸部外科手術に対して、新しい技術や方法論を取り入れ侵襲性の低い次世代の外科治療を創造する目的で生まれた代表的な国際学会です。

Winter Workshopは毎年6月頃に北米と欧州で行われる総会とは別に、アジアを含む他の地域で行われ、世界中の胸部心臓血管外科医に新しい外科治療の姿を創造し教育啓蒙する目的で開催されるようになりました。日本では2008年の沖縄開催以来、2回目の開催となります。Winter Workshopプログラムは、多くの革新的な技術を医療の質の向上、また次世代の優秀な医師を教育育成するために行われます。

2016年京都開催のISMICS 2016 Winter Workshopでは、小切開手術、完全内視鏡下手術、ロボット手術、TAVI、TEVARなどの経カテーテル手術だけでなく、従来の胸部心臓血管外科治療を進化させるInnovativeな発表を対象にいたします。進化し続ける胸部心臓血管外科に携わる日本の皆様のご参加、またアジアをはじめ、世界の外科医の参加を募っています。多数のご参加を楽しみにしております。


                         ISMICS 2016 WINTER WORKSHOP
                         会長 浅井 徹 
                         滋賀医科大学 外科学講座(心臓血管・呼吸器) 教授




ISMICS 2016
Winter Workshop Administration Office

〒440-0851
愛知県豊橋市前田南町1-1-5-2E

TEL 0532-57-1276
FAX 0532-52-2883
E-mail ismics_kyoto@heartorg.gr.jp